トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

2020年のオリンピックまでについに日本でもカジノ合法化か?夢の日本でカジノプレイを一足先に自宅のインターネットで遊べてしまう「オンラインカジノ」を学んで、百戦錬磨のギャンブラーを目指していきましょう。当サイトではあなたにぴったりのオンラインカジノを管理人の体験談を参考に見つけていくサイトです。日記などで色々な情報を公開していきますので是非ご覧ください。

オンラインカジノのトピックス

  • お台場カジノが計画概要を発表。24時間体制でホテルも巨大型を建設。フジテレビや三井不動産などが検討しているようで楽しみです。
  • NETELLERがアメリカへ再進出。ニュージャーシー州のオンラインポーカーが合法的に運営することに備え正式に再チャレンジです。シーザースエンターテイメントとの提携のため確実な情報でしょう。

ブログ

オンラインカジノなどギャンブル依存症にならないために

オンラインカジノだけでなく依存症は本当に怖い病です。パチンコ、競馬、麻雀、そしてブラックジャック、クラップス、ビンゴ、スロットなどのゲームを代表するオンラインカジノ(http://www.casinodechokin.com/)はネットで簡単にできるため危険かもしれません。今日はギャンブル依存症、その中でもカジノの依存症になることについて考えてみます。例えばカジノだとブラックジャックでロイヤルストレートフラッシュを過去に経験し、この経験がその人にとっての快感や高揚感となり、当然ですがそれが繰り返し偶然でも起きてしまうと、その欲望つまり刺激を求めて抑えることができない気持ちが生まれ、すべての収入をロイヤルストレートフラッシュを追い求めるために使い果たし、勝てなければ消費者金融などやブラックな金貸し屋からまで資金を調達し、刺激がなく不快な精神的状態が続くため、結果的に金銭的に自立できなくなってしまうことです。実際には女性がギャンブル依存症になる確率は高いです。具体的な数字ではないですが、まさかと思う環境に手を出してしまうと抜け出せなくその多くが風俗や夜の世界へと人生を移していく人も中にはいます。裏カジノの世界に彼氏に誘われ1000万という借金を作り、自ら風俗にすすまれている方を知っています。日本でいえばパチンコなどギャンブル全体の人口の6%前後が依存症であるらしく、その3分の1が女性であると考えると1億の人口に対し、200万人くらいの女性がギャンブル依存症という計算になります。

イギリスでもビンゴなどゲームや賭けを楽しむというわけではなくオンラインカジノの中の機能としてチャット機能を備えており、女性としての本能であるコミュニケーションを目的としている結果、ギャンブル依存にもつながっているということがわかってきているそうです。確かにオンラインカジノはランドカジノとは違い、女性が参加しやすい環境であります。ギャンブル依存症にならないためには以下の点に注意することが重要と考えます。

  1. なんでも良いが依存症になったことがある人はオンラインカジノを避けた方が良い
  2. 具体的に月に賭けられる金額を制限できるかオンラインカジノ会社に相談する※32REDカジノなど
  3. 必ず、ギャンブル以外の趣味と年間の貯蓄計画を立てる

やはり、1はオンラインカジノ云々ではなく依存症というカテゴリーに入ってる方であるので、カジノなど快楽性があるギャンブルから身を避けるです。2はカジノ側の設定としてあらかじめ制限を設定してくれるところもあるそうです。3は当たり前ですが依存ではない他の趣味とのバランスを取る環境を目的としています。

オンラインカジノを含む、ギャンブル依存症は本当に怖い病気です。

2013年12月4日

カジノ選びもブランド重視なのです

娯楽であるオンラインカジノだってブランドで選ぶべきかもしれません。オンラインカジノを運営する会社は親会社がイギリスのヴァージングループだったり、ホテルチェーンで有名なヒルトングループであったり、一般的に誰もが知る会社で勝つイメージが良い会社が多く存在します。オンラインで遊ぶわけですから、カジノ選びもブランド重視なのです。

バックならルイヴィトン、靴ならジョンロブ、コートならバーバリーといった具合に人は拠り所(信頼がおける、会社の思想や歴史が好き、思い出がある)などを求めて好きなブランドが必ずあるはずです。オンラインカジノであってもこれらブランドを重視する傾向があっても良いでしょう。特にブランド重視となればカジノにおける評価はおのずと高いはずです。豊富な資金による運営、他業界の接客ノウハウによる満足いくサービス、他事業と連携したオンラインカジノプレイの付加価値向上なのがメリットとしてあるでしょう。

いきなり4000ドルもらえるというキャッチフレーズだけでオンラインカジノを選ぶのは危険であるというのはこれらブランドをしっかり考慮することで理解できるはずでしょう。おすすめはヴァージングループのオンラインカジノで飛行場や飛行機の中でもバカラがとことん楽しめます。もちろん、航空法もあり、法的に許可されている地域であることです。

2013年12月3日

カジノBest5を決める前にネットカジノの口座開設を知る

オンラインカジノの最も重要なこととしてインターネットショップで買い物をするのであれば会員登録が必要であることと比較すると理解がしやすいです。でなければ何も始りません。というよりもここで日本のギャンブラーはカジノでクラップスと過ごす魅力的な登竜門を逃してしまうのです。クラップスが面白いオンラインカジノも例えばワイルドジャングルカジノのように会員登録をする必要があります。言わば巷でアカウント開設と呼ばれている行為ですが日本人の皆様には馴染みが薄いかもしれません。男と女が出会うようにプレイヤーとオンラインカジノの運営会社が出会う大変重要な行為ですので絶対にすぐに行動に移すさなければブラックジャックやクラップスとも当然出会うことがありません。クラップスをやらないよりはやって公開をした方が良いと昔の誰かが言っています。従ってネットカジノの口座開設を知らなければいけません。

週刊SPAにも掲載されているようにブラックジャックのカウンティング攻略法をもとに毎日10万円をカジノで勝てるかはわかりませんが開設しなくては駄目です。ここで苦戦するのが氏名や住所、電話番号の入力方法の考え方が海外方式であること。当たり前ですが、名前も日本は苗字、氏名ですが海外では氏名,苗字となっています。住所も同様に最後のマンション名から記載していきます。ここで注意しなければいけないのがローマ字の記載です。NはMと入力するのがルールであるのを知っていますか?ン=Nって日本人なら学校でならいましたが文字の途中に出てくる場合はMで表現しなくてはいけません。あとCHA、CHUなどもその文字の前にTを付ける必要があります。気を付けて下さい。但し、これでも登録はできしまうのです。問題なのはオンラインカジノ会社から免許証の提示を求められた時に異なるため登録時と免許証の比較と評価をされてしまう可能性があります。

しかしながら焦ることはありません。何故ならオンラインカジノの運営履歴が長く、日本語サポートを展開しているBESTなオンラインカジノを選ぶことにより、事情というのも理解してもらえるからです。その他支払い方法など色々覚えることでどれだけ楽しいそして最高のカジノを手に入れることができると考えるでしょう。

 

2013年11月30日

自分らしいオンラインカジノを探す

自分らしさがあるオンラインカジノを探すことでギャンブル人生を謳歌できます。もちろん娯楽、つまりギャンブルが好きな人に当てはまる話ですが…。あなたはポーカー、ブラックジャック、ルーレット、バカラ、ソリティア、ダイスゲームなどどんなゲームが好きですか?例えば、マニアックなカジノゲームソリティアが好きな人はインターカジノを選ぶべきでしょう。インターカジノ自体非常に歴史も古く、サポートスタッフやカジノプロデューサーもわざわざ来日して日本人の好みについて探求しているくらいですから。ひょっとしたらカジノ入門として最も似合ったゲームがソリティアなのかもしれません。なぜなら、あなたのpcがWindowsであれば標準でインストールされているゲームでもあるからです。といった感じでオンラインカジノの会社と選べば良いのです。ソリティアが好きな人はオンライン麻雀もあっているかもしれませんね。

ルーレットがもし好きならインペリアルカジノを選ぶのが良いと考えます。何故ならばルーレット系の最大ベット額が数千ドルにもなるからです。他のオンラインカジノについて語ると32レッドカジノは英語がしゃべれて、かつ資金とくにキャッシュフローが安定していない人向けかもしれません。支払いが稼働日で見ても圧倒的に速いのです。早い支払い=買ったお金を仮に他のオンラインカジノのブラックジャック系プロモーションが実施されていた場合、即そちらに資金を移動できるからです。

もちろん、カジノロビーで出金してNETELLERなどの口座に移す作業は必要ですが。さらにアイネットベットカジノ、オムニカジノ、オールジャックポットカジノ、スピンパレスカジノなどこの業界においては色々な会社がありますので落ち着いて選ぶことが重要です。プレイテック系のウィリアムヒルカジノは支給されるボーナス(お小遣い)が非常に多いことが有名なのでボーナス狙い型の方ならお似合いです。ジパングカジノであればサポートの安心性、だって単に日本語がしゃべれるだけでなく日本人が実はこのカジノを経営しており日本のおもてなしを提供してれます。

ということで自分らしいオンラインカジノを見つけ年間を通して楽しめる環境を構築してください。話は変わりますが、絶対に手をだしてはいけない闇カジノが最近増えています。こちらは完全に違法ですので特に東京・大阪に存在するらしくオンラインカジノを使ってその場で金銭のやりとりをしていることもあるそうです。インターネットカジノカフェなんて呼ばれていますが日本国内においては国内金銭授受に対する規制があり違法ですので絶対に足を運ばないでください。

自分らしいオンラインカジノ参考まとめ

  1. インターカジノ・・・ソリティアが楽しめ、初心者向けのカジノでボーナスは少し低め
  2. インペリアルカジノ・・・ルーレットの最大ベット額が大きくマーチンゲール法が使える
  3. 32REDカジノ・・・とにかく支払いスピードが早い

といった具合です。これらのカジノを研究するにはオンラインカジノのポータルサイトで老舗のサイトを選びボーナス獲得額、サポートの対応、ゲームの種類、ベット額、言語対応範囲などを総合的に調べて下さい。

2013年11月28日