オンラインカジノなどギャンブル依存症にならないために

オンラインカジノだけでなく依存症は本当に怖い病です。パチンコ、競馬、麻雀、そしてブラックジャック、クラップス、ビンゴ、スロットなどのゲームを代表するオンラインカジノ(http://www.casinodechokin.com/)はネットで簡単にできるため危険かもしれません。今日はギャンブル依存症、その中でもカジノの依存症になることについて考えてみます。例えばカジノだとブラックジャックでロイヤルストレートフラッシュを過去に経験し、この経験がその人にとっての快感や高揚感となり、当然ですがそれが繰り返し偶然でも起きてしまうと、その欲望つまり刺激を求めて抑えることができない気持ちが生まれ、すべての収入をロイヤルストレートフラッシュを追い求めるために使い果たし、勝てなければ消費者金融などやブラックな金貸し屋からまで資金を調達し、刺激がなく不快な精神的状態が続くため、結果的に金銭的に自立できなくなってしまうことです。実際には女性がギャンブル依存症になる確率は高いです。具体的な数字ではないですが、まさかと思う環境に手を出してしまうと抜け出せなくその多くが風俗や夜の世界へと人生を移していく人も中にはいます。裏カジノの世界に彼氏に誘われ1000万という借金を作り、自ら風俗にすすまれている方を知っています。日本でいえばパチンコなどギャンブル全体の人口の6%前後が依存症であるらしく、その3分の1が女性であると考えると1億の人口に対し、200万人くらいの女性がギャンブル依存症という計算になります。

イギリスでもビンゴなどゲームや賭けを楽しむというわけではなくオンラインカジノの中の機能としてチャット機能を備えており、女性としての本能であるコミュニケーションを目的としている結果、ギャンブル依存にもつながっているということがわかってきているそうです。確かにオンラインカジノはランドカジノとは違い、女性が参加しやすい環境であります。ギャンブル依存症にならないためには以下の点に注意することが重要と考えます。

  1. なんでも良いが依存症になったことがある人はオンラインカジノを避けた方が良い
  2. 具体的に月に賭けられる金額を制限できるかオンラインカジノ会社に相談する※32REDカジノなど
  3. 必ず、ギャンブル以外の趣味と年間の貯蓄計画を立てる

やはり、1はオンラインカジノ云々ではなく依存症というカテゴリーに入ってる方であるので、カジノなど快楽性があるギャンブルから身を避けるです。2はカジノ側の設定としてあらかじめ制限を設定してくれるところもあるそうです。3は当たり前ですが依存ではない他の趣味とのバランスを取る環境を目的としています。

オンラインカジノを含む、ギャンブル依存症は本当に怖い病気です。

カジノ選びもブランド重視なのです

娯楽であるオンラインカジノだってブランドで選ぶべきかもしれません。オンラインカジノを運営する会社は親会社がイギリスのヴァージングループだったり、ホテルチェーンで有名なヒルトングループであったり、一般的に誰もが知る会社で勝つイメージが良い会社が多く存在します。オンラインで遊ぶわけですから、カジノ選びもブランド重視なのです。

バックならルイヴィトン、靴ならジョンロブ、コートならバーバリーといった具合に人は拠り所(信頼がおける、会社の思想や歴史が好き、思い出がある)などを求めて好きなブランドが必ずあるはずです。オンラインカジノであってもこれらブランドを重視する傾向があっても良いでしょう。特にブランド重視となればカジノにおける評価はおのずと高いはずです。豊富な資金による運営、他業界の接客ノウハウによる満足いくサービス、他事業と連携したオンラインカジノプレイの付加価値向上なのがメリットとしてあるでしょう。

いきなり4000ドルもらえるというキャッチフレーズだけでオンラインカジノを選ぶのは危険であるというのはこれらブランドをしっかり考慮することで理解できるはずでしょう。おすすめはヴァージングループのオンラインカジノで飛行場や飛行機の中でもバカラがとことん楽しめます。もちろん、航空法もあり、法的に許可されている地域であることです。